スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

ルーマニアに引っ越しました

ご報告ですが、
今月からルーマニアに住んでいます。


理由は、
まだ日本の漫画やアニメの価値があるうちに
日本じゃない国で勝負してみたい、と。

今のうちに試せることを
やってみようか!と

危機感と軽い気持ちの挑戦、それに
本当に偶然チャンスに恵まれたことがあって、
移住してみることにしました。



海外暮らしには憧れがあったのですが、
まあ英語もろくに話せませんし

いつか、そのうち、機会があったら、

なったら面白そうだけどきっと叶わないだろう
(まあそこまで頑張るほど優先順位の高い案件でもないし)

…と思っていた夢くらい、
自分でも実現させると思っていなかったことだったのですが…



幸いルーマニアを訪れる機会に恵まれ
(母がドラキュラ好きで旅行したがってたので同行しました)、
ご飯も合い、
日本の漫画やアニメの人気はあるけれど
まだ日本人の漫画家さんは住んでいないと聞いて

「あれーもしかして私でも役に立てるんじゃないか!?」

と、
うっかり具体的にビジネスプランを描いてしまったので
その気になってしまい。

さらに幸運なことに
ビザもちゃんと取得できたし、
アパートの大家さんが偶然日本に好意的で
お部屋を貸してもらえることもできたし、


問題ありそうなら途中でやめてネタにしよう、と
退路を考えながらだったのに


すんなり、
ルーマニアに来れたので
今、ここで毎日を過ごしています。



こうやって書くと
とても簡単そうに海外移住をしたように感じるかもしれませんが
言葉の全く通じないところへ行くのは怖いですし、
むしろ

死ぬかもしれない、騙されるかもしれない、
訳の分からないまま事件に巻き込まれるかもしれない、

…そんなことを
考えずにはいられないし、
何も自分がこんなことしなくてもーって思うことは
何度もありました。


決心したのは、
やっぱり

自分が日本に留まったまま漫画を描き続ける未来を
想像しづらかったから

新しい挑戦をして失敗することより
何もしないまま未来が消えることの方が
怖かったから

…だと思います。



個人的な見解としては
日本の若い漫画家さんは、これから海外に出る機会が
うんと増えると思っています。

もちろん、海外移住も
その一つの選択肢に上がってくると思っています。

だとしても、
流石に他人の人生に関わることなので、安易に
「君、海外移住しなよ!」
とは言えないわけで…

最新の投稿

Fの密命 参考文献まとめ

Fの密命2巻発売記念のおまけマンガだよ

Fの密命 参考文献その5・その6