スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

大英博物館マンガ展 見てきました

ヨーロッパにいると
日本と言えば「MANGA・ANIME大好きだよ!」と返って来るほど
今や世界的に人気となった日本の漫画・アニメーション。

ついに…イギリス・大英博物館で
The Citi exhibition Manga 展が催されましたね!



海外展示では過去最大と言われるこの展示を
6月初旬に観てきたので、レポートしたいと思います。



大英博物館には無料で入館できますが、
マンガ展はエキシビジョン展示となっており
時間入場制のチケット(大人 £19.50  /約2700円)を購入する必要があります。

マンガ展は本当に、マジで、大人気の展示らしく
ふらっと当日券を買いに行くと売り切れになっている場合がありまして…!!!

ええ、私が昼頃訪れた時にはもう完売していたので翌日出直しました…。



時間的にタイトな旅程の中、ご覧になる方がいらっしゃいましたら
事前にチケットを購入しておくことをお勧めします!

英語の案内のみですが、オンラインでの購入もできるようです。
https://www.britishmuseum.org/whats_on/exhibitions/manga.aspx



さて、展示の方に行きましょう〜

「マンガ」の認知度が上がったとは言え、
アジアの一国で盛り上がってる大衆画…くらいの認識しかない方も
来館されているので。

日本のマンガの前知識がないイギリスの方にも
より身近に感じてもらえるように、

まず導入で

イギリスでお馴染みの作品「アリスの不思議な国」が
日本の漫画でも数多くの作品にモチーフとして描かれていることが
紹介されています。





アリスと一緒にうさぎの穴を抜けて、マンガの世界へご招待…なんて
訪れた人みんなを主人公にしてくれる、心ときめく演出ですね。


エントランスには
アリスモチーフの作品の原稿が数点展示されていて、
様々なジャンルで、多様な描かれ方をされていることが伝わります。



そして、このイギリス版では「文章と挿絵」だったアリスが、
日本のマンガ版では「白黒で、分割された連続イラストと台詞」という
独特の画面でストーリーを伝えようとしてくる。


これが、「マンガ」という表現方法。


既知の作品との比較によって、ひと目見ただけで
マンガというものの本質が伝わるように置かれています。



さて。

ラビットをナビゲーターに奥へ進むと…

近代の浮世絵から現代にかけて急激に発展していった日本のマンガ…

最新の投稿

Fの密命おまけマンガ2 武夷岩茶

教習日記3&4更新と ランキング10位ランクインありがとうございますー!

Happy Easter!

Kindleインディーズ漫画に「教習日記2」公開しました!